【Q&A】受験を理由に部活をやめるべきか(杉野) | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ

2017年 7月 12日 【Q&A】受験を理由に部活をやめるべきか(杉野)

こんにちは!担任助手の杉野です!

今日は自分がQ&Aに答えていきます。

では、本日の質問はこちらです!

「受験を理由に部活をやめることはいけないことでしょうか。顧問の先生にも言いにくいし、ここまで一緒にやってきた仲間に迷惑もかけたくありません。(高2男子)」

答えとしては、決していけないことではないです

自分も高校生の時部活に入っていて、高2の2月頃に部活をやめせてもらいました。

自分が部活をやめた理由は、おおまかに2つあります。

まず一つ目が、「自分の成績で大学を目指そうとしたときに部活をやりながらで本当に間に合うのかです。

一応、自分は高2の夏から受験勉強を始めたのですが、夜遅くまで部活をやった後校舎に行って勉強するのは体力面でも厳しかったし、身についたかと言われればそれほどという感じでした。

その状態を高3の夏まで続けて、本当に第一志望に合格できるのか、自分の志望校に必要なだけの点数をのばせるのかという不安をいつも持っていて部活をやめるかを考え始めました。

二つ目は、「部活と勉強どちらが大切かです。

自分は部活をやめるかどうかと考えたとき、どちらが自分にとって大切なのかということを重点におきました。

部活をやめるかどうか考えている人は、部活をやめて後悔しないか、部活を続ければ良かったって絶対に考えないかどうか。

部活を続けると決めた子は、もし部活をやりきった状態で大学に落ちたとしても後悔しない。そのリスクがあることを承知した上で、部活にそのくらいの価値があると言い切れるようにしてください。

続けるにしろやめるにしろ悔いのない選択をしていただきたいです。

 

高2・高1の生徒はまだまだチャンスがあります!

受験生になって部活か受験かどちらかの選択肢をとるより、今から両方を選択できる準備を始めましょう!

現在、東進では夏期特別招待講習を実施しています。